Drifter|Art & Branding | Music

真田広之主演「SHOGUN 将軍」サウンドトラック・日本伝統音楽の関わり

2024.02.10 最終更新日:2024.02.19
TOPBLOG真田広之主演「SHOGUN 将軍」サウンドトラック・日本伝統音楽の関わり

ディズニー製作・真田広之主演「SHOGUN 将軍」サウンドトラック

 

ディズニー制作・真田広之プロデュース/主演のハリウッドドラマ

【SHOGUN 将軍】に総合音楽アレンジャーとして参加をしました。

 

SHOGUNサウンドトラック

 

ハリウッドの作曲家チームが2年間にわたって制作をつづけるなか、わたしはリモートで日本から参加。
作曲のアッティカスはナイン・インチ・ネイルズのメンバーでもあり、アカデミー賞を数回受賞する作曲家。
わたしは栃木県の那須の森にいながら、こんな仕事ができていることが不思議でなりませんでした。

製作の背景

SHOGUN作曲を担当したアッティカス・ロス、レオポルド・ロス、ニック・チューバは世界的に有名な作曲家チームです。

アッティカス・ロスはこれまでにナイン・インチ・ネイルズというバンドでの活動や、

アカデミー音楽賞を受賞するなどして世界的に多くのファンをもっています。

 

彼らは今回のサウンドトラックを2年間の長期にわたり制作してきました。

これは、音楽制作においてはかなりの長期に渡るものです。

 

結果的に、今回のサウンドトラックは、壮大でパワフルなだけではなく、

さまざまな音や時間が積み重なったいい意味での複雑さをもち、

端々まで意識が届いた繊細な音楽にもなっていると思います。

 

私はもともと日本の伝統音楽、特に雅楽をベースとした作曲を行っていました。

そんななか、とつぜんInstagram経由でニックからレコーディングのオファーがあり、

今回の制作に携わることになりました。

 

雅楽をベースとする作曲を行う人と言うのは日本でもとても少ないうえ、

さらに、私の専門が映像や空間の音楽でもあるのですが、

この雅楽と映像音楽の両方を専門とする人間がほとんど存在しなかったため、

私にアレンジャーとしての参加のオファーが来たのだと考えています。

 

最初は雅楽のレコーディングから始まりました。

ニックたちはロサンゼルスにて、私は東京で日本の伝統音楽の演奏者をスタジオに招き、リモートでレコーディングを進めていきました。

徐々に規模は拡大し、雅学だけではなく、三味線、尺八、胡弓、ほら貝など 様々な音楽をレコーディングするに至りました。

ときには柏にあるお寺に天台宗のお坊さんに集まっていただいて、聲明のレコーディングを行うなど、

一風変わったレコーディングやアレンジも行いました。

 

アレンジの進め方

 

基本的には、アッティカスたちからシーンごとの音楽のsketchや、より完成度の高い状態の音楽がデータとして
わたしのもとに届くことが多かったです。ただ、まだそれらはコンピューター上のデータとして作られたものでした。

 

そのデータをベースに、彼らから「このスケッチの一部を日本伝統音楽の楽器に変えたらどうだろう」と言う提案があることもありました。
また、「このトラックに多朗だったら、どういう楽器を重ねる?」と質問をされ、
私の方から提案をし、アレンジを進め、レコーディングをすることもあります。

 

彼らは良い意味で、日本の伝統音楽に対する常識に囚われていないため、
こちらが想定をしていないような音響や音楽の空間が生まれたように思います。

 

日本の伝統音楽は常に宗教や政治と大きく関係してくるものです。
その結果、そういった音楽が随所に散りばめられることにより、
将軍の持つストーリーの深みに良い影響を与えていると感じています。

 

 

日本の伝統音楽の関わり

わたしたちは雅楽を始めとした日本の伝統音楽や、美術(民藝や伝統工芸)がこれまで培ってきたものを

次世代にいかにうまく継承させていくかを日々考えています。

 

そんな中、ハリウッドという世界のエンターテイメントの中心からわたしたちに日本の伝統音楽に関する

アレンジメントやレコーディングを全面的に依頼をされたのはとても嬉しいことでした。

 

雅楽や日本の伝統音楽だけではなかなか広がらない、届かないところまで、

日本の文化が広がっていく事を素直に嬉しく思っています。

 

『SHOGUN 将軍』レコーディング風景

本当に多くの素晴らしいミュージシャン・僧侶・エンジニアの方に関わっていただきました。

ここではそのうちの幾つかの写真を掲載します。

 

SHOGUNサウンドトラックレコーディング SHOGUNサウンドトラックレコーディング SHOGUNサウンドトラックレコーディング SHOGUNサウンドトラックレコーディング SHOGUNサウンドトラックレコーディング SHOGUNサウンドトラックレコーディング SHOGUNサウンドトラックレコーディング SHOGUNサウンドトラックレコーディング SHOGUNサウンドトラックレコーディング

 

『SHOGUN 将軍』サウンドトラック・クレジット

 

作曲

 アッティカス・ロス

 レオポルド・ロス

 ニック・チューバ

編曲

 石田多朗

篳篥

 中村仁美

 三浦元則

楽琵琶

 中村かほる

龍笛

 伊崎善之

 音無史哉

聲明監修・指揮

 宮内康乃

聲明

 山井惠澄

 山岡孝至

 須永秀憲

 沼尻了人

 中澤聖尚

 月門英真

 沼尻憲尚

 牛久智充

 戸部憲海

 橋本健二

 辻井利英一

 戸田小路

 西田秀隆

 染野ヒラシ

尺八

 黒田鈴尊

三味線

 田中悠美子

胡弓

 木場大輔

法螺貝・チューバ

 高岡大祐

 松本こずえ

レコーディングエンジニア

 ハラマサト

 鹿間朋之 (江戸前レコーディングス)

アシスタントエンジニア

 笠原新太郎

 Chloe

レコーディングスタッフ

 益子悠紀

 室井みゆき

 石田曜

スタジオ

 Studio TLive

 STUDIO MECH

 江戸前レコーディングス